日本唯一の指絵画家『濱田珠鳳』 山口県初の展示会が開催された。
先生は、平成28年12月4日宇部護国神社に
『昇運龍神之図』二曲一隻屏風を奉納されました。



展示会案内


龍神が運を呼ぶ
ここだけのお話

知りたい方はどうぞ



 「宇部護国神社」といえば市内では桜の名所として有名で、四月には境内全域は桜花一彩に映え、ボンボリもさげられ、多くの花見客に 親しまれております。主祭神は、福原越後公で、創祀・創建は、慶応元年(1865年)5月16日、越後公の招魂祭を、琴崎八幡宮で斎行したのが創祀で宇部護国神社の原点です。翌慶応二年(1866年)11月19日に崩し山、現在の維新山に社殿を建立落成し、翌慶応三年(1867年)12月5日遷座祭を斎行し現在に至ります。ご祭神は福原越後公を主祭神とし、とその家臣、また、日清日露、大東亜戦争で国のために散華さてたご英霊です。主祭神の越後公は、第一次長州征伐回避の為、禁門の変の責任をとらされ切腹された長州藩三家老の一人で、この長州三家老の切腹により、長州藩が存続し、高杉晋作の功山寺での挙兵、それから、倒幕へと時代は流れ明治の代になったのです。もし、長州征伐が回避されていなかったら、高杉晋作の挙兵もなく明治維新もなく時代は大きく変わっていて、今の時代はないでしょう。
神社の紋には、福原家の家紋の「かたばみ」が用いられました。初めは、崩山の地名から「崩し招魂社」通称「御霊社」とも云われていましたが、後、維新招魂社と称されるようになりました。、山続きの西端には福原翁の墓所宗隣寺があり、中尾には維新館もあって明治維新とは縁の深 い土地柄であります。また弾にも縁深く現在は『願掛け弾』や『願い玉』が有名で、願掛けや願成就のパワースポットとなっております。また、龍にも縁があり、越後公が切腹されたお寺が、岩国の龍護寺というお寺で、現在は、日本唯一人の指絵画家濱田珠鳳先生作の『昇運龍神之図』二曲一隻屏風が奉納され、参拝者に昇運をもたらすと喜ばれております。

k平成27年5月〜平成29年12月維新山招魂社
創始・創建150年、を迎えております。
現在記念事業計画中です。

kkkkkkk

   














平成28年正月初詣企
平成29年正月企画クイズ当選者発表
平成28年なかはらかぜ絵馬

厄払い・開運昇運祈願終了

平成29年度大厄焼き払い神事は終了


平成29年星祭り・追儺招福神事終了
過去星祭り報告はこちら


平成29年2月限定 ,願い成就『願い玉チョコレート』
祈願祭終了のご報告


平成28年度境内桜開花状況

he平成28年度春祭り終了

平成28年七五三詣り終了

維新山霊水ご案内(創生水)

益々繁盛ご神酒(特大鱒升升半升瓶)

パワースポット願い成就の『願掛け弾』&『願い玉』

人形供養祭(毎月斎行予定)


     Top


このサイトはNetscape Navigator 3.0又はInternet Explorer 4.0以降で
  ご覧になる事を奨励します。